ご祝儀袋の金額|漢字の書き方は?一万円・十万円はどう書く?

親戚や友人、会社の同僚などの結婚式、大人になるとご祝儀を渡す機会が増えますよね。

いざ書こうとすると「あれ?漢字を使うのはわかるけど、どの漢字使えばいいんだっけ?」、「ペンは何を使えばいいんだろう?」と悩む方も多いのではないでしょうか。

そんな方のためにこの記事ではご祝儀袋の正しい書き方についてご紹介します。

ご祝儀袋の金額|漢字の正しい書き方は?

ご祝儀の金額は一般的に漢数字の旧字体を使用して、包む金額に合わせて表の漢数字(右欄が旧字体です。)を組み合わせて書くことが基本となります。

漢数字↓   旧字体↓

伍、五
圓、円

例えばご祝儀に3万円と書く場合には「金参萬圓」と書きます。

表に入っていない数字は基本的に使われない数字となっているので省略しました。

 

ちなみに偶数は割り切れるため「別れ」や「割れる」を連想させることから、お祝いの場では使わないほうが良いとされています。4は「死」、9は「苦」を連想させるためご祝儀では一般的に使われていません。

 

最近では2に関しては「ペア」や「夫婦」、8は「末広がり」と捉え、いい意味があるという考え方もありますが、2については年配の方にはあまり受け入れられていないことから避けたほうが無難です。

 

※学生や新社会人で金銭的に余裕がないなどの理由で2万円を包むときは、1万円札と5千円札2枚の組み合わせで枚数を3枚にして奇数にすると良いでしょう。

ご祝儀袋の金額|漢字の書き方は?一万円・十万円・百万円はどう書く?

一万円は「金壱萬圓」

十万円は「金拾萬圓」

百万円は「金壱百萬圓」

と書きます。10万円以上包む場合はご祝儀袋も豪華なものを選ぶと良いでしょう。

ご祝儀袋はボールペンで書いてもいい?使ってOKなペンはどれ?

筆で字を書きなれていない、家に筆ペンがない、などの理由でボールペンで書こうとしている方いらっしゃいませんか?

ご祝儀袋にボールペンで書くことは基本的にNGとされています。毛筆や筆ペンかつ、濃墨(濃い黒)が一般的です。

 

コンビニや100円ショップでも買えるので1本家にあるといざというときに使えます!文房具屋や100円ショップでは種類が豊富で、初心者でも書きやすい筆ペンがあるので自分に合うものを見つけてください。

 

中袋に住所や金額を書く小さい記入欄がありますよね。書きなれていないと毛筆や筆ペンは難しく、ボールペンを使いたくなりますが、できる限り外の袋と同じ筆記具で書きましょう。

 

また、デパートの婚礼コーナーなどでご祝儀袋を購入するとその場で書いてくれることもあります。

自筆のほうが気持ちが伝わりますが、どうしても字に自信がない方は筆耕してもらうのも良いかもしれません。

ご祝儀袋の金額|漢字の書き方は?一万円・十万円はどう書く?まとめ

ご祝儀を書くことはいつになっても緊張しますよね。特に初めて呼ばれた結婚式や久しぶりの結婚式なんて特に緊張しちゃいます。

 

せっかく贈るご祝儀ですから、濃い色の毛筆または筆ペンを用意して、金額は漢数字(旧字体)で書くことを忘れず、一字一字丁寧に、気持ちのこもった字で精一杯の「おめでとう」を届けましょう♪

 

ちなみに私がご祝儀を受け取る側だった時は中身(お金)はもちろんうれしかったですが、「あぁ、この人はこんな字を書く人だったな」「丁寧に書いてくれてうれしいな」などご祝儀袋を見て懐かしい気持ちや嬉しさがこみ上げてきました。

 

デジタル化が進む中でご祝儀など手書きの文化は、人の温かみを感じる素晴らしい機会だと感じます。

 

今の時代、結婚式自体の延期や中止があり、お呼ばれする機会は極端に減ってしましましたが、今度お呼ばれしたときは自分の「おめでとう」の気持ちをご祝儀袋で少しでも伝えられたらいいなと思います。

コメント

トップへ戻る