洗濯槽クリーナーの代用でキッチンハイターを使うやり方は?オキシクリーンやワイドハイターも使える?

毎日使う洗濯機。

洗濯槽は目に見えないだけで、とても汚れているって知っていますか?

でも、わざわざ洗濯槽クリーナーを買うのもお金がかかるし、忘れることもありますよね。

 

そんなとき、家にあるもので代用することができるのです!洗濯槽クリーナーの代用品や注意点をご紹介します♪

洗濯槽クリーナーの代用でキッチンハイターを使うやり方は?

そもそも、洗濯槽の汚れは洋服についた汚れ、ホコリ、洗剤の残りカス、水あかが原因です。

そして、その汚れたちをエサにして、洗濯槽にカビができてしまうのです。洗濯槽クリーナーでは汚れだけでなく、カビも落としてくれます。

 

そんな洗濯槽クリーナーですが、なんと、キッチンハイターでも代用できます!

わざわざクリーナーを買いに行かなくても、代用できるって嬉しいですね。

 

洗濯槽を掃除するときは、まず、ゴミ取りネットなどの外せるパーツを外してから掃除をします。

洗濯槽を洗っている間に、パーツの掃除もできますね♪

 

洗濯槽に水を入れ、キッチンハイターを入れます。

縦型の場合は満水にして、ドラム式の場合は最低水位にしてください。

キッチンハイターは水10Lに対して50㎖の割合で入れます。

 

5分ほど回して、2~3時間放置。放置する時間は、汚れ具合で調整してください。

浮いた汚れをネットですくい、標準コースで洗ったら完了です!

汚れが気になる場合は、もう1度標準コースで回すといいですよ。

 

汚れをネットですくわないと、汚れが残ってしまうことがあります。
ネットがなくても、ストッキングとハンガーで作ることができます!

 

いらなくなったストッキングをハンガーに被せ、ハンガーを四角に広げます。
大きなポイのようなイメージですね。

ストッキングがなければ、水切りネットでもいいですよ♪

 

キッチンハイターなので台所用品に使うイメージでしたが、洗濯槽にも使えるなんてびっくりです!我が家でも、次に掃除するときは使ってみようと思います。

洗濯槽クリーナーの代用でオキシクリーンは使える?

洗濯槽クリーナーの代用は、他のものでもできます。オキシクリーンでもできますよ♪

オキシクリーンは酸素系漂白剤なので、キッチンハイターのようなにおいが苦手な人にもおすすめの代用品です。

 

しかしオキシクリーンは、皮脂や油などの汚れには強いですが、水あかやカビでは効果が発揮できません。

汚れ具合に応じて、代用品を変えるのもいいかもしれませんね。

 

パーツを外した洗濯槽に満水までお湯を入れ、オキシクリーンを入れます。

オキシクリーンはお湯の方が力を発揮できるのですが、洗濯機へ負担をかけすぎないよう、50℃くらいにしてください。

 

お湯4Lに対して28gのオキシクリーンを使います。5分ほど回して、6時間放置します。

浮いてきたごみをすくい、標準コースで回してゴミが出なければ完了です。

洗濯機を何回か回して洗濯槽にまだゴミが残るようであれば、塩素系漂白剤を使った方がいいですよ。

 

また、ドラム式の洗濯機にはオキシクリーンなどの酸素系漂白剤が向かないようです。

しかし、ドラム式専用の酸素系漂白剤もあります。

あらかじめ酸素系漂白剤をお湯に溶かして洗浄液を作り、それを洗濯槽の最低水位まで入れるという方法もあります。

ご家庭の洗濯機や汚れの状態に合わせて代用してくださいね。

洗濯槽クリーナーの代用でワイドハイターは使える?

ワイドハイターも洗濯槽クリーナーの代用品として使えます。

ただ、ワイドハイターには粉末タイプと液体タイプのものがあり、それぞれ成分が違います。

洗濯槽クリーナーの代用品には粉末タイプのワイドハイターじゃないと使えません。ここは注意してくださいね。

 

使い方は、50℃ほどのお湯を入れた洗濯槽に粉末のワイドハイターを入れます。

水10Lに対してワイドハイター50g~60gの割合です。

5分ほど回して、最低でも3時間、できれば一晩つけ置き。

あとはごみをすくって、「標準コース」で回して完了です。

 

粉末のワイドハイターは、主成分が「過炭酸ナトリウム」という酸素系の漂白成分が入っています。

この成分は酸性のカビ汚れに強く、泡で汚れを浮かしてはがしてくれます。

液体タイプにこの成分は入っていないので、漂白には向いているのですが、汚れには弱いのです。

 

同じワイドハイターでも、成分が違うと働きも違うのですね。

粉末のワイドハイターを持っていたら、ぜひためしてみてください!

洗濯槽クリーナーの代用でキッチンハイターなどを使うときの注意点

洗濯槽クリーナーの代用品は、大きく分けて2種類に分かれます。

1つ目が、キッチンハイターといった「塩素系漂白剤」。
2つ目は粉末のワイドハイターやオキシクリーンの「酸素系漂白剤」です。

 

どちらにも共通して言えることは、洗濯機によって代用品が使えないこともあることです。

使ってしまうと、洗濯槽を傷める原因にもなってしまうので、説明書を確認してから使いましょう。

 

キッチンハイターなどの塩素系漂白剤は、殺菌と洗浄力に特化した、とても強い漂白剤です。

ここでは、塩素系漂白剤を使う時の注意点をまとめてみました!

 

塩素系漂白剤は、酸性の洗剤と混ぜるととても危険です。

有毒なガスが発生して、場合によっては命が危ないことも。
洗剤同士を混ぜることは絶対にしないでください。

 

また、独特のツンとしたにおいが苦手な人もいるのではないでしょうか?

気分が悪くなることもあるので、必ず換気しながら作業をしてください。

 

最後に、塩素系漂白剤は皮脂汚れにも強く、強すぎて皮ふを溶かしてしまうことがあります。

こぼれたハイターを触ってヌルっとしている気がするのは、皮ふが溶けているからなのです!

ゴム手袋をして使うことをおすすめします。

 

注意点が多いですが、安全に使えばとても便利なもの。

自分や家族の体に危険がないように、注意点は守って使いましょう!

洗濯槽クリーナーの代用でキッチンハイターを使うやり方は?オキシクリーンやワイドハイターも使える?まとめ

洗濯槽クリーナーは、キッチンハイターやオキシクリーン、粉末のワイドハイターで代用できることがわかりました。

洗濯機は毎日使うので汚れていることはわかるのですが、クリーナーを買って掃除するまで、手が回らないこともありますよね。

 

でも、代用できれば、自分の手が空いたタイミングで手軽にできます。

しかも、洗濯槽クリーナー代わりに買ったとしても、余れば他の場所で使うことができるのです!

 

ただ、洗浄力が強い分、扱いには気を付ける必要があります。

それでも、クリーナーを買うよりも手軽で、コスパも良さそうでした♪

ご家庭に合った方法でためしてみてくださいね。

コメント

トップへ戻る