映画キャラクターは年齢制限(PG12/R15)あり?確認方法は?

キャラクター(映画)を観に行きたいのですが、年齢制限はあるのでしょうか?

映画の内容は、主人公・山城(菅田将暉)がシリアルキラー・両角(Fukase)の一家殺人の犯行現場を目撃してしまったことから、さらなる連続殺人事件に発展していくという新感覚サスペンス!

 

劇場や公式サイトで予告映像を観ましたが、血濡れのナイフを持ち、返り血を浴びたFukaseさんのシーンなどがあり、ちょっとショッキングな映像がありそうな映画です😨

 

鬼滅の刃の映画でも話題になった「PG12」や、「R15」などの年齢制限が「キャラクター」の映画でも設けられているのか、バッチリ調べてみました!

映画「キャラクター」を観に行く予定があるなら、ぜひ参考にしてくださいー!

 

キャラクター【映画】は年齢制限(PG12/R15)はある?

予告映像だけでも「うわ~😱」と、思わずゾッとしてしまう映画「キャラクター」。

結論から言うと、キャラクターの映画は【PG12】指定があります!

 

公式サイトとかでもPG12の表記が見当たらないのですが、劇場でもらってきたキャラクターの映画フライヤーに、めっちゃ小さく載ってました。

うーーーん?🧐

文字が米粒よりも小さいっ!!!w

 

小さすぎて読めないので拡大してみました。

ものすごーーーく小さくですが、PG12表記がありました!

 

PG12は「親の指導・助言」が必要とされる区分で、すこし刺激の強い内容が含まれる場合に指定されます。

PG12は、12歳未満は観ることができないという意味ではありません!
なので、年齢制限なども特に設けられていないです。

キャラクター【映画】を観るときの年齢確認方法は?

「キャラクター」の映画はPG12指定ですが、PG12は年齢制限ではないので、チケット購入や入場時に、劇場での年齢確認はおこなわれません~!

 

一般の映画と同様に、誰でも観ることができる映画ですが、12歳未満のお子さんが観に行く場合は、なるべく親御さんと一緒のほうが安心です。

観ていて怖くなったら外に連れて行ってあげたり、途中で観覧をやめることも考慮しましょう。

 

PG12より上の「R15+」や「R18+」の指定がある映画は、15歳未満および18歳未満の場合は観ることができません。

年齢確認方法は劇場によりますが、チケット購入または入場時に年齢確認がおこなわれる場合があるので、年齢がわかる身分証が必要です!

 

映画館によっては、公式サイトで「生年月日の確認できるものをご持参下さい。」と記載している場合もあるので、最寄りの劇場の公式サイトFAQなどをチェックするか、年齢確認をしているかを劇場に直接問い合わせてみてください~。

PG12やR15などレイティングの意味は?

映画のレイティングは4つの区分があり、それぞれの違いを簡単に説明しますね。

 

◆G:General Audience(すべての観客)の略号

年齢関係なしで誰でも観覧できる映画です。
現在、公開されている映画の多くは「G」区分で、小学生以下の子どもが観ても、強いショックを受けることがないように慎重に制限されています。

ちょっとした性・暴力・麻薬や犯罪などの描写が含まれるものもありますが、物語の展開上、必要な場合に限られ、全体的には穏やかな作品です。

 

◆PG12:Parental Guidance(親の指導・助言)の略号

12歳未満の小学生・年少者には助言・指導が必要な映画です。

PG12は年齢制限ではないので観覧することは可能ですが、刺激が強めで小学生以下が観覧するには不適切な内容も含まれます。

特に幼児・小学校低学年の観覧は不向きで、高学年でも精神的な成熟度には個人差があるため、親又は保護者の助言・指導に期待する区分です。

 

◆R15+:Restricted(観覧制限)の略号

R15+区分の映画は、15歳以上から観覧できます。
年齢が達していればOKなので、15歳なら中学生でも観覧できますよ。

こちらはPG12より刺激が強い内容や、いじめ・暴力・犯罪・暴力団などが題材の作品も含まれます。

R15+の映画は、地上波放送がされない、または深夜帯の放送になったり、不適切なシーンがカットされたりします。

 

◆R18+:Restricted(観覧制限)の略号

R18+区分の映画は、18歳以上から観覧できます。
R15+と同様に年齢が達していればOKなので、18歳なら高校生でも観覧可能です。

R18+の映画は、性的・残酷な描写や反社会的な内容など極めて刺激が強く、地上波での放送はほぼありえません。
また、作品にもよりますが、R18+の映画は上映する劇場もかなり少ないです。

まとめ

キャラクターの映画はPG12指定があります!

年齢確認なしで12歳未満でも観覧できます。

 

とはいえ「キャラクター」は、小学生以下のお子さんが観に行きたがる映画ではないと思いますが、ストーリー上、刺激の強い内容が含まれるので、もし観に行くならなるべく保護者と一緒のほうが安心です。

 

子どもの頃に観た怖い映画って、けっこうトラウマになったりしますよね😅

わたしは「JAWS(ジョーズ)」がめっちゃ怖かったですw
調べてみたらジョーズもPG12指定でした。
それでも子どもの頃はすごく怖く感じたなー。

 

大抵は大人になれば、「子どもの頃に観たあの映画めっちゃ怖かったーw」と笑い話になりますが、中にはガチのトラウマになってしまう場合もあるので、小学生以下の子どもがPG12指定の映画を観るときは、親御さんがそばについて安心させてあげたり、無理せず途中で観覧をやめることも大切ですよ✨

 

コメント

トップへ戻る