孤狼の血 LEVEL2 上林(鈴木亮平)は何者?悪魔の男の結末は?

日本アカデミー賞をはじめ、数々の賞を総なめにした『孤狼の血』の続編『孤狼の血 LEVEL2』が公開されます。

前作『孤狼の血』の松坂桃李が出演し、主役を務めます。

そのライバルの上林役鈴木亮平が抜擢されました。

予告を見ただけでも、ガタイが良いから背中の刺青が映えて、はまり役だなぁと思ってしまいました!

では、鈴木亮平が演じる上林ってどんな役なのでしょう?

気になったので調べてみました!

孤狼の血 LEVEL2 上林(鈴木亮平)は何者?

鈴木亮平が演じる上林成浩は、五十子会上林組組長です。

前作で亡くなった五十子正平の腹心です。

前作『孤狼の血』は、裏社会を取りまとめていたベテラン刑事・大上(役所広司)と共に組んで捜査することになった優等生新米刑事・日岡(松坂桃李)の成長が描かれていました。

その続編『孤狼の血 LEVEL2』では、3年後の広島が描かれており、無残な死を遂げた大上の遺志を継いた日岡が、暴力団組織をコントロールしていました。

そこへ上林組組長の上林(鈴木亮平)が出所してきたことで、均衡が崩れ、徐々に追い詰められていくというストーリー展開になっています。

 

予告動画やポスターが公開されると、「怖いけどカッコいい!」とネットで話題になっていました!

本当にカッコいいですねー!!

『西郷どん』の時とは別人のようですよね!

 

白石監督は「上林を日本映画史に残る悪役にしてほしい」と鈴木さんにオファーしたそうです。

上林は世間の一般常識が通じず、やくざの世界の道理も無視して、衝動のままに暴力を振るいます。

残酷すぎて、目を背けたくなるシーンばかりです。

まさに極悪非道な悪魔を演じています!

前作よりも暴力的なシーンが増え、エグさも上回り、ますます刺激的で目が離せない作品に仕上がっています!

孤狼の血 LEVEL2 上林(鈴木亮平)は何者?悪魔の男の結末は?

この先はネタバレ多めになるので、

結末を知りたくない方は見ないでくださいね♪

上林は出所するとすぐに、服役中に因縁のあった刑務官の家へ向かい、家族を惨殺します。

邪魔をするものはたとえ身内であろうと躊躇なく殺し、

女でも容赦なく眼球をくり抜いて殺害するなど、

えげつない程の悪党ぶりを発揮しています。

 

こんなに怖い鈴木亮平さんは見たことがありません。

広島弁がめちゃくちゃ似合ってて怖いです。笑

 

しかし作中では、上林自身の過去にも触れており、愛されなかった子供時代を描くことで、彼の心の闇を浮かび上がらせています。

なぜ悪魔になってしまったのかが丁寧に描かれているので、

凶悪なモンスターなのに、どこか切なさを感じ、そこがまたより一層魅力的になっています。

ラストシーンで上林は、日岡と死闘を繰り広げ、最後には射殺されてしまいます。

どうしてここまで上林が悪魔にならなければならなかったのか、

彼の人生に思いを馳せると、胸をギュッと掴まれるような苦しい気持ちになります。

最後の格闘シーンは涙無くして見れません!

 

私はエグい、グロいには結構耐性があるので平気なのですが、

本当に苦手な方は十分注意して見てくださいね!

観て後悔しない作品なので、ぜひ楽しんで頂きたいです♪

まとめ

悪役にわくわくするなんて久しぶりです♪

鈴木亮平さんの鬼気迫る演技に引き込まれてしまいます!

もみあげと眉毛剃っただけで、こんなにも変わるのでしょうか。

まさしく”悪のカリスマ“ですね!

主演の松坂桃李さんも前作とはうって変わって、

色気が感じられる大人の男を演じています。

優しい穏やかな人物を演じることが多いですが、本作では全く異なる一面を見ることができます。

 

アクションとバイオレンスのレベルが上がり、

前作とはまた別の魅力で溢れた『孤狼の血 LEVEL2』!!

鈴木亮平さん演じる上林と、松坂桃李さん演じる日岡の熱い闘いをぜひ見届けて頂きたいです!

コメント

トップへ戻る