手作りカスタードクリームの賞味期限は?常温放置や再加熱は大丈夫?

個人や家族で手作りのお菓子を作る人の中にはカスタードクリームを作ったことがある、または作ってみたいと思っている人は多いと思います。

 

しかし、カスタードクリームに限らず手作りお菓子で気になるのはやっぱり賞味期限ですよね。

 

というわけで今回は手作りカスタードの賞味期限や常温に放置した場合、再加熱についてなど色々と調べてまとめていきたいと思います♪

手作りカスタードクリームの賞味期限はどれくらい?

他の手作りお菓子にも言えることですが、手作りカスタードクリームは保存方法によって賞味期限が変化します。

 

基本的には常温数時間冷蔵1日から2日冷凍1週間から最大1か月となっているようです。ただし、手作りカスタードクリームは材料の関係か悪くなるのが早いのでなるべく早く消費しましょう。

 

また冷凍保存については最大1か月保存できるとしましたが、調べた限りでは冷凍保存は推奨されておらず、解凍しても作ったときのようなクリームのまま使用することはできないようです。

手作りカスタードクリームは常温放置しても大丈夫?日持ちは?

先ほども少し説明しましたが手作りのカスタードクリームは悪くなるのが早いので、あまり日持ちはしないため常温で放置するのは危険です。

 

冷たくしてからカスタードを使用する場合は保冷剤などを使って早めに粗熱を取ってから冷蔵するといいでしょう。

 

また、冷蔵保存する場合はタッパーなどの容器に入れた後にラップで空気が入らないようにぴったりと蓋をすると菌の繁殖を抑えることが出来ます。

 

この時にラップをせずに普通に蓋をしてしまうと、蓋の部分に水滴がたまりその水滴から菌が繁殖してしまうため冷蔵保存でも持たなくなってしまうかもしれません。

 

またジップロックなどの食品用の保存袋に空気が入らないように保存しても大丈夫です。

 

冷凍保存の場合も冷蔵の時と同じようにラップで蓋をするもしくはジップロックで空気が入らないように保存するなどして粗熱が取れてから冷凍すれば大丈夫です。

 

ただ、すでに少し触れていますが冷凍保存は風味や味が落ちるためあまり推奨されてはいません。また水分が分離してしまうという話もありますので、なるべく冷凍せずに済む量を作ることをおススメします。

手作りカスタードクリームは再加熱しても大丈夫?

調べた感じですと特に再加熱してはいけないという話は見つけられなかったので、手作りカスタードを再加熱しても問題はないでしょう。

 

ただし、カスタードの状態によっては牛乳などを少し足したりする必要もあるかもしれませんので、注意が必要です。

 

また軽く温めるぐらいなら電子レンジなどを活用しても良いかもしれませんが、具体的な再加熱方法や時間を見つけることが出来なかったので、もし再加熱をする際は少しずつ気を付けながらやってくださいね!

手作りカスタードクリームは腐るとどうなる?

保存状態によっては賞味期限が短くなってしまうこともあります。

そこで、手作りカスタードクリームが腐ったりして食べられない状態になったときにどうなるかについてまとめておきましょう!

 

・酸っぱい異臭がする
・変な味がする
・分離している
・クリームの色が変色している
・カビなどが生えている

 

調べた感じだと多少の差異はあるものの大体上記の5つのような変化が出てきていれば食べられる状態ではないようです。

 

また、変な味がすることも特徴として書きましたが、見た目や匂いの段階で異変が見られる場合はその時点で危ないので口に入れないようにしましょう。

手作りカスタードクリームの賞味期限は?常温放置や再加熱は大丈夫?まとめ

今回は手作りカスタードの賞味期限について調べてまとめてみましたがお役には立ちましたか?

私もカスタードクリームはたまに作るのですが、当日から翌日には食べてしまうので賞味期限についてあまり考えていませんでしたが、次作るときはもっと気を付けておこうと思いました。

 

それでは最後に今回調べたことを簡単にまとめておきますね♪

・手作りカスタードクリームは常温保存できない

・冷凍は1~2日、冷凍は最大1か月ほど保存可能

・冷凍保存すると風味などが落ちる

・保存する際はラップやジップロックで空気が入らないようにし、なるべく早く粗熱を取って冷蔵(冷凍)する

・再加熱についてはおそらく可能

・腐ると異臭や変な味、見た目の変色やカビの発生、分離などが起きる

 

 

コメント

トップへ戻る