手作りサラダチキンの賞味期限はいつまで?日持ちする保存方法は?

色々なお料理に使えておいしく便利なサラダチキン。

ブームになったこともありコンビニやスーパーなどで簡単に購入することが出来ますが、せっかくなら自家製サラダチキンを作ってみたいと思ったことはありませんか?

でも手作りになると賞味期限等が市販の物と異なってきてしまいます。

ということで、今回は手作りサラダチキンの賞味期限や保存方法などについて調べてまとめていきましょう♪

手作りサラダチキンの賞味期限はいつまで?

手作りのお料理で1番気になるのはやっぱり賞味期限です。

果たして手作りサラダチキンはどの程度の賞味期限なのでしょうか?

 

冷蔵保存の場合

保存方法によって手作りサラダチキンの賞味期限は変化しますが、冷蔵の場合はレシピなどのよっても異なるので大体2日から5日ぐらいになります。

最大5日保存可能のレシピでも味の劣化を考えるなら早めに食べたほうが良いでしょう。

 

冷凍保存の場合

手作りサラダチキンは冷凍保存することも可能です。

冷凍の場合ですと冷蔵の時よりも大幅に保存期間が延び、約1か月の保存が可能になります。

 

常温保存の場合は夏と冬で多少の違いはありますが数時間しか持たないので、保存する場合は早急に冷蔵又は冷凍しておきましょう!

手作りサラダチキンの賞味期限や日持ちする保存方法は?

上記でも多少説明しましたが、手作りのサラダチキンを長期保存したい場合は冷凍保存がおススメです。

 

賞味期限は約1か月と書きましたが、どんなものでも冷凍期間が長くなればなるほど味が落ちてしまうので、冷凍であってもなるべく早く食べてしまいましょう。

 

この時食べやすい大きさに切って保存しておくと使うときに楽になります。

また、保存する際はラップやジップロップなどを使いなるべく空気に触れないようにして保存すると水分が保たれてぱさぱさになりにくいようです。

手作りサラダチキンを汁ごと保存する方法は?

サラダチキンを作った際に汁が出来てしまいますが、一緒に保存することは可能なのでしょうか?

答えはYESとなっております!

調べた限りでは冷蔵でも冷凍でも汁ごと保存することは可能なようです。

 

冷蔵の場合は使いやすさを考えるなら密閉容器に汁とサラダチキンを一緒に入れて保存などがおススメですが、ジップロックなどで保存しても問題はないでしょう。

 

冷凍の場合もジップロックなどの袋に汁ごと入れて冷凍するだけでOKです。

もしレシピに保存方法の指定などがあればそれに従うことをおススメします。

手作りサラダチキンは作り置きできる?日持ちする作り方は?

常温でさえ最大5日は保存できるので手作りサラダチキンは作り置き可能と言っても良いでしょう。

 

ただし、レシピによっては賞味期限の目安を2日としているものもあるので、賞味期限が短く設定されているものは作り置きにしないことをおススメします。

参考に賞味期限が常温で5日のレシピをいくつかご紹介します

 

「和風醤油味のサラダチキン」

日持ちする簡単つくりおきおかず。和風醤油味のサラダチキン(鶏ハム)
市販品のハムにそっくりの味です。ポリ袋ひとつで手を触れずに作れるので冷蔵庫で5日間もちます。週末に作っておくと…

日持ちするおかずとして紹介されているものです。

皮つき&和風しょうゆ味という市販ではあまり見かけない味付けなので手作りにもってこいなのではないでしょうか?

 

また、こちらのサイトではほかの味のサラダチキンの作り方も紹介しています。

 

「基本のサラダチキン」

基本のサラダチキンのレシピ/作り方
しっとり旨味が閉じ込められた、基本のサラダチキンのレシピです。じっくり火を通すのがポイント。そのままでもおいしいですし、野菜と和えてサラダにするなど、アレンジするのもよいですよ。冷蔵保存5日

こちらはその名の通りプレーンタイプのサラダチキンの作り方になります。

調理の過程が細かくてわかりやすく、また補足や保存方法についても書いてあるのでとても参考になるレシピではないでしょうか?

手作りサラダチキンの賞味期限はいつまで?日持ちする保存方法は?まとめ

今回は手作りサラダチキンについてまとめてみましたが、お役には立ちましたか?

サラダチキンは大変おいしいものですが、鶏肉を使っている以上衛生面には特に気を付けてもらいたい料理でもあります。

 

サラダチキンのような低温調理で作ったものでの食中毒などの話はよく聞きますので要注意!

今回冷蔵で2日から5日、冷凍で約1か月とはご紹介したもののできればなるべく早く消費することを個人的にはお勧めいたします。

手作りでもおいしいサラダチキンを是非作ってみてくださいね♪

コメント

トップへ戻る