手作りバターの日持ち・賞味期限は?小分けブロックで保存する方法は?

お菓子にもお料理にも幅広く使うバター!

クッキーなどのお菓子の材料に使うのはもちろん、カリッと焼き上げたトーストに塗ってもいいですし、バター醤油を作るのもおいしいです。

 

市販の生クリームを使えばご家庭でも手作り可能なんですよね。

そんな手作りバターですが、賞味期限や保存方法はどうなっているのでしょうか?

色々と調べてまとめていきたいと思います♪

手作りバターの日持ち・賞味期限は?

手作りバターの賞味期限は調べた感じだと最大でも3日が限界のようでした。

また、タカナシ乳業株式会社のサイトで紹介されている手作りバターの作り方だと当日中に食べてしまうことをおススメしています。

 

元々牛乳類はあまり日持ちしないと言われているので、生クリームで作った手作りバターの賞味期限が短いのも当然かもしれません。

 

ただし、最大3日なのは冷蔵庫で保存した場合で冷凍保存した場合は約1か月持ちます。

 

手作りバターに限らず冷凍保存の場合は長く保存すればするほど味が落ちてしまう可能性があるので、どちらにせよ早く消費してしまった方が良いでしょう!

 

 

参考:タカナシ乳業株式会社「手作りバターの作り方」

手作りバターの作り方 | タカナシ乳業株式会社
材料 タカナシ北海道純生クリーム47(あるいは42) … 30ml(大さじ2杯) フタ付きの容器(100ml程度はいるもの) 作り方 1.清潔なフタ付の容器にクリームを入れて、音がしなくなるまで、はげしく上下にふります。 ※ クリームは容器の1/3までの量にしてください。 ※ フタがしまってい...

手作りバターを小分けブロックで保存する方法は?

手作りバターを保存するときはなるべく空気に触れないように保存したほうがいいので、小分けブロックで保存するにはラップの使用が推奨されています。

 

お好みの分量ごとにラップで包んだ後にジップロックなどに入れてから保存するとさらに良いです。

 

個人的にはラップだけでも丁寧に包んでいればそこまで問題はないと思います。また、小分けしておくと冷凍保存した時も食べる分だけ取り出して解凍できるので便利ですよ!

 

ラップを使った保存は市販のバターでも可能で、手作りの時と同じように小分けしたい分量ごとに切り分けたバターを1つずつラップで包んでジップロックなどに入れて保存することが可能です。

 

こちらももちろん冷凍可能なので使わない分は冷凍保存し、使う分だけその都度取り出してタッパーなどに入れて解凍して使うということもできるんですよ。

手作りバターのおすすめ保存容器は?

冷蔵保存の場合は極端な話しっかりと殺菌消毒などが出来て密閉できるよう気なら何でもOKです。

普通のタッパー等に入れてさらにラップなどを使ってなるべく空気に触れないようにしておくとさらに良いでしょう。

 

また、バターを保存するためのバターケースを使用しても良いですが、バターケースは市販の四角いブロックの物を入れる前提の形の物が多いので要注意です。

個人的には殺菌消毒のしやすい耐熱ガラス製の物やバターケースにもあるホーロー製の保存容器のほうが良いように思います。

 

また小分け方法でも書きましたが、冷凍保存の場合は保存容器よりもラップやジップロックで小分け保存がおススメ。

 

余談ですが手作りバターの保存にはお勧めされていませんが、市販のバターの場合はラップの代わりにアルミホイルで包みなおして保存することもあります。
[ad]

手作りバターの日持ち・賞味期限は?小分けブロックで保存する方法は?まとめ

今回は手作りバターについていろいろと調べてまとめてみましたが、お役には立ちましたか?

最近は食品のお値段が高くなったりしていますし、市販のバターだと量が多すぎて食べきれない人などは市販の物よりも手作りバターのほうが良いかもしれません。

また、手作りバターのほうが自身の好みに合った味に調整することもできるのでおいしいバターが食べたい人も手作りのほうがおススメです。

 

それでは最後に簡単にまとめておきますね!

・手作りバターの賞味期限は冷蔵で当日~3日

・冷凍した場合の賞味期限は約1か月

・小分けにする際はラップやジップロックを使うのがおススメ!

・保存容器はタッパーなどの空気に触れないように密閉できるものが良い

・冷凍保存する場合はラップやジップロックなどがおススメ

 

生クリームを振るだけで簡単に作ることが出来る手作りバター!ぜひ作ってみてくださいね!

コメント

トップへ戻る